1. 目的
航空に関する研究に関心を持つ研究者(複数名によるチーム研究を基本)に対して支援を行い、学術の振興を通じて民間航空の発展に寄与することを目的とします。
2. 対象分野
航空政策、航空産業、空港政策等、航空・空港関連の諸問題を研究助成の対象とします。
3. 応募資格
国内研究機関(含:大学院)に所属する研究者、もしくはそれに準じる方とします。
4. 支援金額及び期間
① 募集件数       : 原則として1件。複数の応募があった場合は審査によって決定します。
② 支援金額           : 全体で100万円以内。複数件を実施する際は配分します。
③ 支援金使用期間 : 原則として、2018年度内 (2019年3月末日) とします。
④ 支援金支払時期 : 原則として開始時に5割支払います。その後、研究の進捗状況に 合わせて複数回に分けて支払います。
5. 支援金の使途
支援金の使途は、旅費交通費、調査委託費、会議費、図書印刷費、研究会謝金、原稿料、 消耗品費、通信費、資料整理費、雑費等、研究計画の遂行に直接必要な物件に限ります。
※パソコンやソフトウェアなど研究用資産と認められるものは除きます
6. 応募方法
① 応募者は、「研究プロジェクト」支援申請書(ホームページよりダウンロード)①に原則日本語でもれなく記入の上、航空政策研究会事務局にメール ( jimukyoku@koseiken.jp )にてご提出下さい。
② 締切り  2018年8月20日(月)必着
③ 申請書記入
 ・研究者概要(応募者の氏名・年齢・所属・経歴、共同研究者の氏名・年齢・所属等)
 ・タイトル(研究内容を簡潔に記入)
 ・研究内容(研究の背景、目的、進め方、期待される成果、発表方法等を記入)
 ・予算使途(予定の使途科目を明確に記入)
7. 審査及び結果の通知
① 応募された各プロジェクトに対する支援の適否については、審査委員会で審査の上
(研究内容及び予算の変更を求める場合もある)、運営委員会の議を経て決定します。
② ②審査結果は、支援決定者に対して8月中に通知します。
8. 報告の義務
支援決定者は、以下の通り報告をお願いします。
① 2019年1月末日までに進捗状況(研究・会計)の報告書を提出してください。
② ②研究終了後、速やかに研究要旨(1枚/日本語)、最終成果物(報告書原稿)及び支出実績(領収証添付のこと)を提出してください(2019年5月20日締切)。
③ 報告書提出後、当会主催の研究報告会にて研究成果を発表いただきますので予めご承知おきください。
9. その他
応募者は、以下の点をご了承のうえでお申し込みください。
① プロジェクト支援決定者が本支援金による研究成果等を公表するときは、本研究会の 支援による旨を明示しなければなりません。
② 支援決定者の氏名や研究課題名等は、本研究会の判断で公表することがあります。
③ 本支援に応募された方の応募書類は返却しません。
④ 支援決定者の研究に不正等があった場合、もしくは期限内に報告書等が提出されない場合、助成を取り消し、助成金を返還していただく場合があります。
➄ 報告書の内容に問題がある場合、航政研シリーズの出版や研究報告会における報告を取りやめることがあります。
10. 申請書送付先・連絡先
航 空 政 策 研 究 会 
〒105-0014 東京都港区芝3-1-15 芝ボートビル8階
TEL: 03 (5418) 7747   FAX: 03(5445)2170
E-mail:jimukyoku@koseiken.jp

対象年度 氏名 所属・役職 研究課題 航政研シリーズ
2017年 八巻 惠子 就実大学経営学部 准教授 航空機移動のサービス空間の規範をめぐる文化人類学的研究 未刊
2016年 加藤 浩徳 東京大学大学院 教授 Airport accessibility, employment density, and labor productivity:Spatial strategy and economic progress in Tokyo. 628号
2016年 水谷 淳 神戸大学大学院 准教授 北陸新幹線の金沢延伸による航空旅客流動への影響に関する研究 629号
2016年 吉田 雄一朗 広島大学大学院 教授 Impact of Low-cost Carriers on International Air Passenger Movements to and from Major Airports in Asia 627号
2015年 井出 明 追手門学院大学 准教授 マイレージに基づく新時代の航空マーケティングに関する研究 616号
2015年 田邉 勝巳 慶應義塾大学 教授 非航空系を考慮した空港の経済的規制に関する一考察 615号
2012年 村上 英樹 神戸大学大学院 教授 低費用航空会社(LCC)の動学的行動の経済効果並びにLCCを含む航空会社・空港関係に関する実証的研究 未刊
2011年 轟 朝幸 日本大学 教授 災害時における多様な航空機活動を支える空港運用のあり方に関する研究 556号
2010年 西藤 真一 島根県立大学 講師 空港運営の「地域化」と維持手法 552号
2009年 加藤 一誠 日本大学 教授 空港の効率的運営に関する研究 540号