航空政策研究会は1966年(昭和41年)6月に学議経験者を中心とする産学共同の民間研究団体として、我が国の航空・空港政策に対して提言を行い、民間航空の発展に寄与することを目的として設立されました。
 設立以来、50数年にわたって月例研究会を開催し、航政研シリーズを発刊するとともに、我が国の民間航空・空港が直面する諸問題、将来ビジョン等について産学共同で研究を重ね、政策提言を行って参りました。
 当研究会は関係者の協力を得ながら、独立した民間研究団体として調査研究を継続するとともに、若手研究者の育成にも力を注いで参ります。
現在お知らせはありません
  • テーマ :  観光先進国の実現に向けた日本の取り組み
  • 講師 :  清野智氏
       日本政府観光局(JNTO)理事長
  • 開催日時 :  2019年03月07日 AM 09:00
  • 概要 :  日本政府は観光先進国を目指し、訪日旅行者数2020年4,000万人、
    訪日旅行消費額8兆円、更には、30年6,000万人、15兆円の目標を
    掲げています。
    目標の実現に向けて日本政府観光局(JNTO)は、世界21か所の
    海外事務所を拠点とした訪日旅行プロモーションを実施し、
    インバウンドの効果を全国に波及させるべく、地方への誘客を
    促進しています。
    また、訪日旅行者全体の約85%がアジアからという…続きはこちら




航政研シリーズを閲覧頂くには最新バージョンのAdobe Readerが必要です
ダウンロードはこちらから